Press "Enter" to skip to content

太陽光発電への投資ファンドの仕組みを確認

利益すべてを分配すると

太陽光発電への投資は、有望だとして投資を募るファンドがいくつもあります。金融業者が運営するファンドもありますし、有志が集まって運営していることもあります。有志の集まりの場合は、利益はすべて出資者に分配するけれども、先行きの保証はできなさそうな言い方に聞こえることもあります。金融業者の投資ファンドは、具体的な予定利回りを示して、有望であるとうたっています。先のことは誰にもわからないんですよ。投資は慎重に、というのに尽きますね。

太陽光発電に協力したい

集合住宅住まいだったり、雪国に住んでいたりする場合は、自宅の屋根に太陽光パネルを取り付けることはできません。でも、クリーンエネルギーの普及に協力したい、という場合は、投資先が本当に太陽光発電に出資しているかどうかを確認したうえで、寄付するような気持で出資するという方法もあります。寄付とはならず、増えて戻ってくる可能性もあるし。投資ファンドはそのつもりなんでしょうが、太陽光発電で発電できるのは明らかでも、投資したお金がどうなるかは誰にもわからないことです。

発電会社のパネルを買う

太陽光発電会社の中には、太陽光パネルを販売し、購入者からそのパネルを借りて発電するという方法をとっているところもあります。会社はパネルの所有者に、使用料を支払います。万が一会社が倒産した場合、パネルは所有者のもとへ返されます。差し押さえにあうことはありません。パネルは1枚から購入できます。戻ってきたら、ベランダとか屋根とかに非常用電源として置いておいてもいいかもしれませんね。出資金がゼロにはならないので、いい方法かもしれません。

太陽光発電とは、太陽の光を電力に変えることで半永久的に電気を作れる発電方法です。最近では自宅の屋根に取り付けて電気代の節約になると共に二酸化炭素を出さないエコなエネルギーとして注目されています。