Press "Enter" to skip to content

あなたはどのタイプ?知っておきたい包茎の種類

常に皮を被っている真性包茎

正常時にも勃起時にも常に皮を被っていて亀頭部が姿を現さない状態が、真性包茎です。ボッキ時に皮を剥こうとしても包皮と亀頭がくっついてしまっていて、無理して無効とすると強い痛みが発生します。勃起時には激しい痛みを伴いますので、性交渉を上手にできないのも悲しいところです。また、常に亀頭が包皮に覆われて隠れてしまっている状態なので、亀頭周辺にアカやカスなどが溜まりやすい状態となり、感染症になったり炎症を起こしやすくなります。

正常時に皮を被っているのが仮性包茎

正常時には、皮を被っていますが、勃起時には皮が向ける状態を仮性包茎と言います。勃起キた時に自分で皮を剥かなければ亀頭が出ないケースと、自然と亀頭が出るケースがあります。正常時に自分の手を使って亀頭を出すこともできます。ただし、亀頭を出す際に痛みを伴う場合は、後述のカントン包茎に分類されます。あまり問題にならないケースですが、普段亀頭部分が隠れているため、亀頭部分があまり鍛えられておらず早漏などになるケースがあります。

痛みを伴うカントン包茎

正常時には、亀頭を出すことができますが、勃起した時に亀頭を出そうとすると痛みを伴うケースがカントン包茎となります。人によっては、痛みまではいかなくとも、亀頭が締め付けられるような違和感があったりします。軽度の場合は、違和感を感じる程度で問題はありませんが、重度となると、亀頭部分がうっ血した状態が続くこととなり、亀頭がうっ血して壊死する危険性があります。重症の場合は、女性との性交渉は行えないことが多いです。

包茎というのは、男性器の常時露出している陰茎の頭の部分にあたる亀頭が皮膚によって覆われている事を言います。